有田焼窯元のギフト通販サイトメニュー

お電話でのお問合せはこちらまで
法人様向け窓口 法人ギフトのご提案
海外発送-伝統工芸品有田焼のお土産などのご案内
有田町の観光スポット
古伊万里様式の歴史
「美術年鑑」現代工芸家・陶芸作家の覧に掲載されています
 

有田焼窯元・高級ギフト通販の店長コーナー

藤井錦彩窯 中原

藤井錦彩窯スタッフの中原です。
錦彩窯での仕事は、個展の企画や個展で各地の百貨店や画廊を訪問して作品の説明など幅広く業務に携わっており、日々の出会いを大切にしながら毎日頑張っております。お客様に喜んでいただけるよう誠心誠意努めますので、どうぞよろしくお願いいたします。

花瓶・壺・飾り皿・香炉の通販・有田焼モバイル

高級和食器とコーヒーカップの売れ筋ランキング

和食器作家ギフトや贈答品の通販Feed

古伊万里様式の歴史

古伊万里様式
中国明朝の多彩な色絵や染付を手本とした古伊万里様式(オールド・イマリ)は17世紀から18世紀にかけて国内はもちろんヨーロッパや東南アジア地域にも輸出され脚光をあびました。東洋的装飾性あふれる染錦の沈香壺や飾り壺は華麗なる古伊万里として迎えられました。加えて中国的な様式から、日本的な様式の色絵磁器へ移行した狩野派や琳派や土佐派の絵画性を反映し、日本色絵磁器として注目をあび、西欧、北欧の王宮人のも収集され、江戸期の美術工芸の中で国際的な発展を見せました。桃山末期から江戸前期の蒔絵や染色の特色や表現様式を巧みに取り入れながら充実した装飾性を保ちました。江戸後期に入りオランダ東印度会社の貿易が低調になり、国内市場へと流通し、江戸市場を中心に越後、越前、酒田などの裏日本、内海路の堺,浪花地方に庶民生活の「うつわ」として幅広く愛用されました。江戸後期の絵文様や民画の影響を受け、あるいは京人形や博多人形などを手本とした置物類も造られ、江戸末期には世相を反映して地図絵や異国趣味の紅毛絵なども描かれました。このように古伊万里は、江戸美術の象徴ともいえる多様にして多彩な磁器の文化を築きあげました。その優美で華麗なスタイルは、今なお愛され続けられ、現代に引き継がれている有田焼を代表する様式です。

古伊万里様式の作品一覧>>